今最も人気の介護求人トップ5

第1位 介護求人アイランド

  • 対面でのお仕事紹介だから、より自分に合った仕事がみつかります

  • 拠点数がたくさんあるから、近所で登録、近所でお仕事が可能です

  • 検索しやすいサイトで、希望の仕事が登録されているか確認できます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

介護求人アイランドに対するみんなの口コミ

私は介護の仕事に興味があり、職業訓練に行っていました。仕事を探す際にこちらを利用し、経験がなくてもいい会社をいくつか紹介...
介護の仕事経験はありましたが、前よりも条件のいいところで働きたく、登録会に参加しました。経験を考慮してくれ、理想に近い条...
体力に自信があったので、何か役に立てないかと思い介護の仕事にチャレンジしました。経験も資格もなかったけど「介護求人アイラ...

教育にも力を入れている企業のサービスです

「優良派遣事業者」でもあるセントメディアは、介護業界の人材不足、離職が多い問題にも取り組んでいます。教育などにも力を注ぎ、課題の解決策の一つとして、人材派遣サービスを提供しています。

第2位 介護求人ナビ

  • 雇用形態・地域・給与などジャンルから検索

  • スカウトに登録すれば企業からのオファーが届きます

  • 実際に求人に応募した先輩のアドバイスを参考に

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

介護求人ナビに対するみんなの口コミ

自宅近くの施設で働きたいと面接を申し込みました。先輩の面接レポートで希望施設の面接体験談が載っていたので、じっくり読んで...
私の場合子供を連れての転職で、勤務時間や職場の近さなど色々と条件が多いため、見つからないかなと心配していました。介護求人...
医療業界から介護へと転職をしました。自分の持ってる資格が活かせるのではとスカウト登録でアピールを心掛けていました。数社か...

検索しやすくぴったりの求人が見つかります

介護求人ナビは最新の介護求人情報を探しやすい形態で提供します。一人一人の希望に合った職場が見つけやすいサイトです。

第3位 e介護転職

  • オープニングスタッフや夜勤のみなど働きたい形を探せます

  • 大手グループの求人情報が詳細に載っています

  • 常に最新の求人情報を掲載!現在約5万件の情報が揃っています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

e介護転職に対するみんなの口コミ

家庭の事情により急に転職をすることになり介護業界に入る事を決めました。初めての業界なもので、最初は面接で上手く受け答えが...
介護職と言うと給料が安いのにきつい、というイメージでした。ですが実際に求人情報を見てみると、個人の事情にシフトを合わせて...
介護の専門学校を出て働いていましたが、転職をする時にe介護転職を利用しました。働きやすい職場が一番と思い、たくさんの企業...

介護・福祉の最新求人情報ならe介護転職

紹介文-150~200文字程度の紹業界最大規模の求人情報を掲載するこのサイトなら、自分の条件に合った求人を簡単検索で見つけられます。勤務時間や雇用形態での検索機能が便利です。介文が入ります。

第4位 カイゴジョブ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

60万人以上が利用するカイゴジョブ

介護業界で働く人にいきいきと輝いてほしいという願いから、完全無料の転職応援サービスを提供しています。求人検索やコンサルタントの相談も無料です。

第5位 介護求人パーク

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

待つだけ簡単な新しい介護求人情報探し

介護求人パークは、忙しい求職者をサポートする新しい形態の介護求人情報サイトです。登録しておくだけでぴったりの情報を選んでくれる便利さが人気です。

今人気の介護求人

家族団欒近年において介護職というものは色々と話題に上がっています。高齢化社会故か、あるいは職業として現在人手が必要なのだと声が上がっているせいか。一時期よく耳にした機会があったでしょう。そして話題に上がったならば、興味を持つのは自然な流れであり、若い人たちをはじめとして介護業界へと足を踏み出したケースが多くなっています。そんな介護の求人において、人気のあるものはいったいなんなのでしょうか? 一つはデイサービスと呼ばれるものです。これは高齢者が施設に入所するのではなく、日帰りで通所する介護サービス施設です。日帰りなので、夜間の利用は出来ません。近年ではデイサービス施設が増えており、様々なサービススタイルが考慮されていますが、基本的な仕事内容は変わりありません。近年では若い人たちがこちらに集まる傾向にあるようです。 もう一つは入所介護です。中でも有料老人ホームや高齢者住宅と呼ばれる施設へ入所し、介護を提供します。有料老人ホームは有料だけあり、高取得者が集まります。そのため各種の料金が高くなり、それに従って給料も他の介護職と比べて高くなりますが、当然ながら職員も高度な仕事内容、高い技術や身だしなみを求められます。高齢者住宅の場合は、施設に入所している人たちが状況に合わせて介護サービスを求めます。それによって職員の仕事が発生します。そのため施設内での訪問介護のようなものです。

介護のお仕事の将来性について

夫婦ご存知の通り、現在の日本は高齢化社会です。それは留まることを知らず、これからもどんどん進んでいくでしょう。ちなみに日本全体における人口の数は2010年から減少しています。しかし高齢者の数はその逆で増加しているのです。したがって75歳以上の高齢者が増えるということは、介護サービスを受ける人も増えるということになります。 とあるデータによれば、介護サービスを受ける人は2000年から2012年という期間の中で、約296万人増えたということです。その中でも居住サービス(訪問介護、デイサービスなど)は、238%の伸びとなっているとか。これに対して特別介護老人ホームなどへ入居する施設サービスも65%の増加となっています。さらに5年の月日が経ち、介護サービスの需要もまた増加の一途を辿っています。 介護業界の将来性はあります。需要はこれからも増え、介護業界は新たな人材を求めています。何故ならば人材が足りないのです。そのため未経験であっても、やる気がある人はどんどん採用してくれる流れにあります。そして何より介護業界はキャリアアップがしやすいのです。介護職は働く年数などにより、受験資格が与えられます。公的資格や国家資格がキャリアを証明してくれます。上位の資格を取得すると、資格手当がついて給料がアップします。その他にも様々な条件で資格取得を目指せる環境にありますので、将来を考えるには良い業界といえるのです。

看護助手のお仕事内容は?

ストレッチ看護師という名前は聞き覚えがあるかと思います。少し前まではナースさんとして知られていましたが、今は看護師という名前で知られています。そして看護助手という名前も合わせて広まっているかと思います。でも、看護師と看護助手って何が違うのか?という点で気になっているでしょう。名前が違えば、中身も違います。ここではそれに触れていきたいと思います。 看護助手の仕事とは、医療や看護の現場において看護師のサポートをします。そして看護師との大きな違いは、資格を持っていないという点です。そのため医療行為をすることは出来ないのです。主な仕事としては入院、入居している患者の食事、入浴や排便の介助をはじめとする身の回りの世話を行います。また患者の家族への連絡、診療の際の誘導、備品管理などという雑務も担当するのです。 勤務形態はシフト性か交代制が多く、雇用形態としては契約社員またはパートが多くみられます。そのため求人でもそれなりに見かける機会が多い職種といえます。看護師と違って特定の免許を必要としないので、未経験であっても勤務することが可能です。また採用する年齢の幅が広いので、若い人でも既婚者で年齢を重ねた人であっても問題はありません。

介護士の年齢分布

握手介護の世界において介護士の年齢というものも気になってくるでしょう。いったいどのような人たちが働いているのか。やっぱり若い人が多いのか、あるいは経験を重ねた人たちがいるから年齢層が高くなっているのか。ここではその年齢層について触れていきたいと思います。 印象としてはやはり最近人手不足だからどんどん採用していった結果、若い人が多いかもしれない、と感じてしまうでしょう。実際、施設においては若い人が多い傾向にあるようです。デイサービスは20代が多く、次に30代と続いていきます。中には若い人よりも30代、40代の人たちが集まっている施設もあるので、全部共通しているわけではないようです。また体力勝負の仕事のため、若い人あるいは40代の男性が比較的多いというのもあるようです。 そして在宅、訪問介護の場合は逆に40代や50代といった歳を重ねた人が多くなる傾向にあるようです。その中でも主婦層がこちらの方に集まってきています。男女比で見ても、圧倒的に女性の方が多いのです。雇用形態で見ても、正社員というよりはパートで働いている方が多いようです。 こうしてみると、20代から50代まで様々な人たちが働いているのが分かります。介護内容によってばらけていますが、基本的にどの年齢であっても、誰であっても働ける業界というのがうかがえますね。

▲ ページトップへ